ブロガーが他テーマからSWELLに変えてわかったこと

人がつくったブログがものすごくお洒落に見えてしまいます。
自分も真似をしようと頑張っていますが、その分記事が進みません。

こんなことに悩んでいませんか?

今日はそんなあなたの為に、使いやすいワードプレステーマを紹介します。

その気持ち、わかります。
私もそうでしたが、ワードプレステーマを『SWELL』にすることで悩みが解決しました。

この記事を書いた人
  • 2年目のブロガー
  • 3児の父
  • JUNCHAMは2つ目のブログ
JUNCHAMです

私はブログを始めた当初、SWELLとは別の有料WordPressテーマを使っていました。

そのテーマは、私がWordPressでブログを始めようと思って調べていた中で評価が高く、実際にレビュー通りの高機能なテーマではありましたが、このようなことに悩まされていました。

当時の悩み
  • WordPressテーマの使い方がわからない。
  • 記事を書くのに時間がかかる。
  • 人のブログが洗練されて見える。

今でこそその悩みの原因は、私自身の知識不足だったことがわかるのですが、その時の私には何が原因かわからずに疲弊していました。

悩みの主な原因
  • クラシックエディター向けのテーマだった。
  • そのテーマをグーテンベルクで使っていた。
  • ほとんどの機能を使いこなせていなかった。

恥ずかしい話なのですが、何の知識もない超初心者がクラシックエディター向けのテーマを購入し、よくわからないまま新・旧のエディターを切り替えながら使っていたんです。

本当に何もわかっていませんでした。
それでも、この使い方が間違っていることだけは何となく感じていました。

その悩みを解決してくれたのがSWELLでした。

今日はその時のことについて書いていくので、私と同じように、今、使っているテーマが自分に合っていないと感じている方に、この記事を読んで頂きたいです。

この記事はこんな方におすすめ
  • WordPressテーマの購入を検討している。
  • 今使っているWordPressテーマの設定が難しいと感じている。
  • 人気のテーマ『SWELL』がどんなテーマなのか知りたい。

\  最高のWordPressテーマ  /

※シンプル・お洒落なWordPressテーマをお探しの方に!

目次

SWELLは人気No.1のテーマ

何故、たくさんあるWordPressテーマの中からSWELLを選んだんですか?

それは、2022年現在で最も人気のあるワードプレステーマだからです。

私はWordPress環境で一番重要なのはWordPressテーマだと思っています。

正直レンタルサーバーに関しては、価格やスピード、使いやすさに多少の違いはあるものの、『エックスサーバー』、『Conoha wing』のような多くのブロガーが使っている月1000円程度のプランを選んでおけば問題ありません。

しかし、WordPressテーマは違います。

サイトの見た目や使いやすさに直結しますし、たくさんの人が使っているテーマは、何か困った時にも解決策が見つかりやすいです。

初心者の私に、とにかくぴったりだと思ったのがSWELLだったんです。

SWELLの特徴はこちら。

  • SWELLの良さはSNS上で拡散されている。
  • インストールしたらすぐに記事を書き始めることができる。
  • 常に進化し続けている。
  • SWELLで作られたサイトはシンプル・お洒落。
  • 初心者から上級者まで使われている。

SWELLの良さはSNSで拡散されている

私は現在、最も新しくて旬な情報を手に入れることができるのはSNSだと思っています。

GoogleやYahoo!等の検索エンジンは正しい情報を調べるのには向いていますが、記事の信頼性(権威性)を重視するあまり、数年前に書かれた記事が上位表示されていることも少なくありません。

実際に私は、ブログを始めた2021年に、2019年頃に書かれた記事を参考にしてWordPressテーマの購入を決めていたことになります。

そうならない為に、物の購入を検討する場合は、以下の点に意識する必要があります。

  • 今、SNSで人気のある商品。
  • その業界の第一人者がおすすめしている商品。

今は影響力をもった個人から物を買う時代と言われていますが、確かに理にかなっているんですね。

そうですね。
誰でも簡単に投稿することができるSNSでは、実際に使った人のリアルな感想を見ることができます。

SWELLは、そのSNS内で大絶賛されています。

https://twitter.com/memechabiyou/status/1585180751557201920

サイトで作られたようなアフィリエイト案件ではなく、損得無しで本当に紹介したいWordPressテーマということですね。

インストールしたらすぐに記事を書き始めることができる

でも何でそんなに人気があるんですか?

私がこのテーマに変えて最初に思ったのが「最初の設定がめっちゃ楽‼」でした。
使いやすさがダントツです。

私はブログを始めてから今までの間で、無料テーマも含めて5つのテーマを試しに使ってみましたが、ほとんどのテーマはサイトを立ち上げてから決めなければいけない事がありすぎるんです。

例えば、これは無料WordPressテーマでお馴染みのcocoon。

もちろんシンプルでいいテーマです。

無料とは思えないぐらい機能も一通り揃っているので優秀なテーマですが、決めなければいけない事が多い上、自分好みのサイトにするにはCSSやショートコードでカスタマイズする必要があり、設定に時間がかかってしまいます。

次、SWELLです。

なるほど、もう既にいい。

ですよね。
すぐにでも記事を書けそうです。

さすがに最低限の初期設定は必要ですが、いきなり記事を書き始めてもサイトとして成立するのがSWELLの強みですね。

サイトを立ち上げる場合、テーマカラーや見出しの形、その他の装飾物等、使い方を勉強しながら自分で決めていかなければいけませんが、SWELLであれば必要ありません。

見た目の変更もCSSやショートコードではなく、マウスのクリックだけでできるので、楽で早いです。

最初からお洒落な装飾が入っています。設定を変えることも簡単ですが、こだわりが出てくるまではそのまま使えばいいです。

SWELLは常に進化し続けている

SWELLはアップデートにより、常に進化し続けています。

こちらはSWELLの開発者、了さんのTwitterアカウントです。

https://twitter.com/ddryo_loos/status/1585158121009610758

少しだけでいいので覗いてみて下さい。

恐ろしい頻度でアップデートされてますね。

これも購入に踏み切った理由です。
熱意の量が違うので他テーマとの差は開く一方だと思っています。

  • SWELLは買い切り(一度だけお金を支払う)タイプのWordPressテーマですが、バージョンが古くなって買い直すようなことはありません。
    アップデートの度に更新をすることで、今後もずっと最新のSWELLを使い続けることができます。

SWELLで作られたサイトはシンプル・お洒落

いろいろなサイトを見ていると、どのサイトが何のテーマを使っているか大体わかるようになってきます。

WordPressテーマによって見た目のクセが少しづつ違うからです。

スクロールできます
WordPressテーマ特徴・イメージ有名なブログ
SWELLシンプル・お洒落マクサン
AFFINGER6スタイリッシュTsuzuki Blog
JINシンプル・かわいいhitodeblog
SANGOシンプル・フラットサルワカ
THE THORカッコいい・お洒落-
MERILシンプル・無駄がないMERIL(メリル)
※あくまでもJUNCHAMの主観です。

たくさんのサイトを見比べた結果、「こんな風なサイトにしたい」って思ったサイトはSWELLで作られていることが多いことに気がつきました。

「これだけではイメージしづらい」って思った方のために、WordPressテーマを比較検討することができる超定番サイトを2つ紹介します。

私がWordPressテーマを比較するのに使っていたこの2つのサイト、両方とも『SWELL』で作られていますね。

SWELLは初心者から上級者まで使われている

SWELLはWordPress初心者から上級者まで、幅広いユーザーに使われています。

SWELLは初心者に優しいだけでなく、カスタマイズ機能も充実しているからですね。

初心者上級者
初期設定がわかりやすい。
公式サイトのマニュアルがわかりやすい。
センスが無くてもデザインが整う。
みんなが使っていて安心。
カスタマイズしやすい。
記事を書くことに集中することができる。
余計なプラグインが必要ない。
ページ読込スピードが速い。

このように、初心者にとっても、上級者にとってもメリットがあり、ずっと使い続けることができるテーマなんです。

以上が、私がSWELLを選んだ理由です。

SWELLを購入して起こった変化

それで、実際にSWELLを使ってみてどうですか。

控え目に言って『最高』です。

使い始めてすぐに、このような効果を実感しました。

  • サイトも見た目が良くなった。
  • 記事を書くスピードが速くなった。
  • 記事を書くのが楽しくなった。

サイトの見た目が良くなった

まず、サイトの見た目がものすごくお洒落になりました。

※あくまでも自画自賛する個人の感想です。

少なくとも私はセンスのある人間ではないので、装飾の色や形を一から全部決めても全然格好のいいサイトにならないんです。

でもSWELLは、必要な装飾は全て最初から入っていて、その中から選ぶだけです。

「今までの苦労は何だったんだ?」って思いますよ。

↑これはさっきも貼った動画ですが、見ていない方の為にもう一度置いておきます。

記事を書くスピードが上がった

これで記事を書くスピードが速くならないはずがないですよね。

爆上がりです。本当に。

記事を書くのが楽しくなった

今、ブログを書くのが楽しいです。

実際のところ今までは、書いている1記事を完成させることに必死で、楽しんでブログ書くことができていなかったと思います。

でも、今は少なくとも楽しんで書くことができているので、記事の完成度にも目を向けることができるようになっています。

まだ全然ですけどね……。
メンタル弱いので記事のクオリティーに関するダメ出しは受け付けていません。

SWELLのデメリット

SWELLがいいテーマなのはわかりました。
でも逆に、デメリットは無いんですか?

私はあまり気にならないんですけど、確かによく言われていることはいくつかあるので紹介します。

SWELLのデメリット

  • 値段が高い。
  • CSS・ショートコード等のコーディングがしづらい。
  • もう『SWELL』以外使えない。

値段が高い

SWELLは値段が高いと言われています。
実際に他テーマと比べると、高いです。

SWELLの価格:17,600円

その他、WordPressテーマの価格。

  • AFFINGER:14,800円
  • JIN:14,800円
  • SANGO:11,000円
  • THE THOR:16,280円
  • MERIL:7,800円

確かに、比べると値段が高いですね。

そうですね。
ただし、テーマの完成度がすばらしいので、コストパフォーマンスで言うと最強だと思います。

CSS・ショートコード等のコーディングがしづらい

SWELLはコーディングがしづらいと言われています。

むしろ、ユーザーが勝手にデザイン変更できないように、CSSやショートコードカスタマイズの難易度が上げられているようです。

その為、コーディングによって自由に装飾をカスタマイズしたい方には向いていないWordPressテーマと言えるでしょう。

このCSSカスタマイズで疲弊していた私からすると、むしろありがたいです。
そんな暇があったら記事を書きます。

もう『SWELL』以外使えない

もう『SWELL』以外使えません。

これは、精神的にも技術的にも言えることです。

SWELLはコーディング不要な上、極限まで使いやすさを高められたテーマなので、急に他テーマを使わなければいけない状況になった時に戦闘力が0になってしまう可能性があります。

私の場合、人のサイトをさわる予定は無い上に、ずっとSWELLを使い続けるので関係ないです。

記事が増えてからのテーマ変更はつらい

テーマを変更する場合の注意点はありますか?

記事が増えてからのテーマ変更はつらいので、記事が増える前に導入するようにしましょう。

SWELL購入時、私が最初に作ったブログには80記事程ありました。

SWELLでは他テーマからの乗り換え記事デザインの型崩れを最小限にすることができるサポート用プラグインを使いましたが、それを使っても完璧に移行できるわけではありませんでした。

今まで書いた記事を確認して、最小限のページ崩れを直すだけでも数日がかかりました。

その過程で40記事ぐらいは消去しました。
記事がたくさんあるサイト程、修正がつらいです。

乗り換えサポート用プラグインがないテーマからの移行は、さらに時間がかかると思われます。

SWELLへの乗り換えサポートプラグインがあるテーマ一覧

  • Cocoon
  • AFFINGER
  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • THE THOR

まとめ:SWELL最高!!

今日の内容のまとめです。

Point

  • SWELLはシンプルかつお洒落なWordPressテーマ。
  • 使いやすさ最高。
  • コスパ最高。
  • 上級者になってもずっと使う事ができる。
  • 乗り換えは早いほうがいい。

絶対に買ってよかったって思える最高のWordPressテーマなので、テーマの購入を悩んでいる方はこの機会に購入してみてください。

\  最高のWordPressテーマ  /

※買って損なし!間違いなし!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次